猫は蚊に刺されるの?

猫は蚊に刺されるのでしょうか?
もし刺される場合は症状や危険なことなどあるのでしょうか?

蚊の音ってうるさい、、、

猫は蚊に刺される

猫は人間と同じく蚊に刺されます。
また猫だけではなく犬も同じく蚊に刺されるんです。

猫が蚊に刺されたときの症状は?かゆみは?

人間は蚊に刺されると皮膚が赤くなって少し腫れて痒くなりますが、
猫が蚊に刺されたときの場合は人間ほどかゆみがあるわけではないようです。

しかし蚊に刺されると強いアレルギーによって痒くなり、皮膚が切れるほど掻いてしまうことがあるようです。

毛が長い猫は蚊に刺されにくい?

毛が長い猫って蚊が皮膚に浸入しにくそうなので蚊に刺されないような気がしますよね。
でも毛の長さで蚊に刺されやすいかどうかは関係が無いみたいです。

蚊に刺されやすいのは
完全室内飼いの猫→外にも出る室内飼いの猫→外で飼っている猫
の順に蚊に刺されやすくなっています。

猫によってではなく単純に住む環境によって変わるんですね。

蚊に刺されるとフィラリア症にかかる可能性がある

猫が蚊に刺されるとフィラリア症にかかる可能性があります。

フィラリア症は犬に寄生することで有名ですが、猫にもフィラリアは寄生します。また寄生する数は犬よりも少なく、犬とは違う症状になります。

嘔吐や呼吸困難

猫がフィラリアに寄生されると、ぜんそくのように咳が出たり、呼吸困難になったりします。
また嘔吐や食欲がなかったり元気ないなどの症状が出ます。

猫のフィラリア症は咳やぜんそくなどの呼吸器系の病気と似ているので注意しなくてはなりません。

症状が出ないことが多いので注意

犬のフィラリア症は症状が分かりやすく有名なのですぐに判別がつきますが、猫の場合は症状が出ないこともあったり、呼吸器系の病気と似ていたりと気づかないことがあるみたいです。

またフィラリアが寄生する数が犬よりも少ないので、フィラリア症にかかっているか血液検査で検査しても検出できないこともあるみたいです。

蚊に刺されると危険が多い

蚊に刺されることは猫にとっても犬にとってもリスクがあることが分かりました。
大切なペットの長生きのためにも定期的に予防をしておきましょう。

トップへ戻る