猫さんダンボールが好きな理由

猫さんってダンボール好きですよねー。
ダンボールや紙袋を発見するとすぐにクンクンにおいをかいで入ってしまいます。

入ると何をするわけでもなく、「とりあえず入りましたよ?」という感じです。
きっと狭い所が好きなんでしょうけど他にも理由はあるんでしょうか。

中身よりもハコが好き

猫さんダンボールが好きな理由

外敵に見つからなくて安心

猫さんは元々単独行動をして生活していました。
そこで外敵に見つからないように狭い場所や隠れられる場所を好むようです。

集団生活をしている動物は、敵が近くにいれば仲間が知らせてくれます。
しかしそれができない単独行動の猫さんにとっては、敵に見つかりにくいダンボールや狭い隠れられる場所をより好むようです。

一人になりたいから

こちらも単独行動をする猫さんならではの理由で
単独行動をしていたため一人になりたいときがあるようです。

一人になりたいと必ずダンボールのような狭い隠れられる場所に行くわけではないですが、”一人になれる場所の一つがダンボールのような狭い場所”なんだと思います。

普段猫さんと生活していて、近くにきて甘えてきたり、「遊んで!」と戦いにきたりしてきますが、急に飽きたかのようにふらっとどこかへ行ってしまいます。

こんなとき「猫は何を考えてるのかわからない!」なんて思わずに、「一人になりたいのは猫さんの本能なんだろ。ちゃんとわかってるよ」「また遊ぼうぜ」と去っていく猫さんの背中を見ながら言ってあげましょう。

またな!

でも普段隠れないところに居たり隠れている場合は体調が悪かったり、どこか怪我をしているかもしれません。

その場合は一人にせずちょっと様子を見てみましょう。
猫さん体調が悪い時の行動

中に獲物があるのかも、、、

飼っている猫さんがダンボールや箱を見ると、中に何もないのに猫さん狩り体勢になりバッと中に飛び込んでいるのを見たことがあると思います。

狭い場所には猫さんの獲物であるネズミや小動物が潜んでいます。それを本能的に知っていて、ダンボールや箱のような狭い場所の中を確認したいのです。

ダンボールのようなせまい場所は本能的に好き

上記で述べたように猫さんがダンボールが好きなのは本能的に狭い場所や隠れられる場所を好むからなんです。

先祖の猫さんは狭い岩場などを住みかにしていました。
敵に見つからないし隠れられるし、寒い日は暖かいし暑い日は日陰にもなります。獲物だってそこにいるかもしれません。
人間にとって本能ってあまりピンとこなかったりしますが、生きるための本能って強く残っているんですね!

本能的にしたいことをできないのは猫さんにとってストレスになるので、ダンボールのような一人になれる場所を作ってあげるようにしましょう。
そしてこっそり写真を撮っちゃいましょう( `ー´)ノ

でも明らかに箱から出ちゃっている場合は?※予想です


ダンボールでも寝ちゃうとらさんの場合だけになってしまうかもしれませんが、”本能で敵に見つからないように隠れている”はずなのに
頭ダンボールから出ちゃってるじゃん!見つかっちゃうよ!なんて思ってしまいます。
ずっと安全な生活をしている室内飼い猫さんだから本能がちょっと緩んじゃってるんだと思いますが、ほかにも

  • 人が何をしているのか見たい
  • 首が疲れているので乗せておきたい
  • 単純に狭すぎる。でもそのくらいがいい!

というような猫さんなりの理由があるんじゃないかと思います。

----- sponsored links -----
トップへ戻る